« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月27日 (木)

久しぶりのブログ!最近見たサッカーあれこれ!

長いことブログ放置の管理人です。

生活できるかどうかの瀬戸際の毎日で、ブログやネットを振り

返る余裕もない自分です。

今日も予定色々で手短に、

Jリーグ、今年いろいろなチームの試合を見てますが、

印象に残る監督は新潟の黒崎監督と仙台の手倉森さんのサ

ッカーはいいなぁと感じてます。

仙台はJ1で順位的に苦戦してますが、やってるサッカーは

いい内容だと、選手の個人能力が昇格組なんで粒が揃って

ないのが起因していると感じるのですが、両監督ともきちんと

組織の作れる人に見えます。

日本の監督の多くは理論に基づいた組織とか目指すサッカー

の見えない人が多く感じられ、おかしな名声だけで監督やって

る人が代表でもJでも多いと感じる自分です。

キチンと組織の作れる監督が日本人でもっと出てくる事が日

本のサッカーがこれから強くなるため、発展していくための

大事な部分であると感じるので、良い監督が多く出るのはい

い事かと。

さて代表です、日韓戦の情けなさ・・・。

自分は決してオランダがワールドカップ出場国の中で最強レベ

ルのグループにはないと、穴が多いなぁと親善試合とかを見て

て感じるのですが、でも今の日本代表で勝てると言うほど、

空想家でもないし、実際勝てる要素がどうみても見つかりませ

ん。相手も慎重になる初戦でカメルーンと引き分けに持ち込め

たら御の字ぐらいの希望しか見えません。

今回のワールドカップは最初から日本を意識しないで見るしか

ないのかなぁ、寂しい・・・。

岡田さんに攻撃が構築できないのは最初から判ってたことでは

ありますが、元々守備的サッカーの岡田さんなのに、

守備組織すらまともに構築できてない悲しさ。

守備の基礎の基礎すら忘れたような選手達の動き!

例えば韓国戦のパク・ジソンのゴールですが、あれは簡単に

防げるはずのケースなんですが、

中澤はいったいどうしてしまったのか・・・。

例えば守備の時ですが、相手ボール保持者が黒の選手とし

て、守備側の青の選手は相手ボールホルダーと自陣ゴール

の間に必ず立って、ドリブルのコースとシュートコースを消す

のはどんな監督のサッカーでも基本中の基本だといえます。

Photo

対峙したら、その後ろ両斜め後方に2人の選手がカバーに入

って次は三角の守備ブロックを作るというのは以前のエントリ

ーで書いたのですが、まずは相手ボールホルダーを自由に

させないよう自陣ゴールとを結ぶ直線で対峙して守るのが初

歩的な基本であります。

しかるに韓国戦のパクの失点シーンはどうであったかと言え

ば、↓

Photo_3

遠藤のヘディングで浮いたボールがパクに渡ります。

まだ完全にパクに収まった状態ではないので、長谷部がパク

に体を寄せるも、かわされ振り切られパクのドリブルが開始さ

れます。

長谷部が横から体を寄せたのはまだボールがルーズな状態

だと考えれば、責められるプレイではないと思いますが、

セーフティファーストで考えるならパクと前述のゴールを結ぶ

線の延長上の上に、すなわちパクの前に体を置けば、

パクに選択肢は無かった筈なのです。

なぜなら今野と遠藤はパクと2人の韓国選手の間にいてパス

コースを切っていたわけで、長谷部がパクの前に入ればドリブ

ルコースもシュートコースも開かず、一旦下げるか横パスしか

選択肢は無く、ちなみにパクの後ろにも書いてませんが日本

の選手がいたので、脅威はあまりないシーンの筈でした。

しかるに長谷部はかわされパクは前に開いたコースに向かっ

てドリブルを開始してしまった、ただ長谷部のボデイコンタクト

の判断は数的にも有利だったゆえ、100%間違いだったとは

言えないと思います。

自分がサイアク!だと感じたのはその後の中澤の対応であり

ます。

Photo_4

本当は上の図のように中澤がパクとゴールを結ぶ線上で、

前に出て!!ドリブルしてくるパクの前に立ちはだかり止めな

いといけないシーンでありました。パクの前には大きくドリブル

できるスペースがあり、まず前に出て中澤はパクのドリブルす

るスペースを埋める、そして飛び込まず対峙して、相手が突っ

かけてくるならボール奪取を狙う。また右に見える阿部と思う

選手、及び今野選手はパクと対峙する中澤の斜め後方にす

ばやく移動し、中澤が振り切られた時を想定してカバーしな

がら自陣を守る三角のブロックを作る。

もちろん今野はマークしてた選手の動向もうかがいながらで

すが・・・、これが普通の守備の筈なのですが、

実際はというと↓

Photo_5

パクがドリブルしてきた分、5m以上もの距離を保って??

中澤も一緒になって後ろへ下がってわざわざパクにドリブルの

コースを与え、しかも自陣ゴールとパクを結ぶ線から逸脱して

まっすぐエンドラインの方向に下がった為、わざわざシュートコ

ースまで空けてやる親切さ!シュートコースがら空き状態!!

味方ゴール前でドリブルに飛び込んではいけないケースとを

おそらく混同しているのか?あまりに判断がひどくて見てて泣

きそうでありました。

わざわざ相手にドリブルコースとシュートコースを空けてやると

は!こんなんで勝てる筈ないわけで、パクが特に凄かった訳

でもなく、こんなん唯の自滅ですわ。

セルビア戦も涙が出るほど守備組織・判断がひどかった・・・!

これでワールドカップ期待しますなんて言える訳ないわけで、

最年長のベテランが、キャプテンが、経験積んでこれでは。。

若い世代に対し、やってはいけない事、ケースごとの戦術眼を

しっかり教えられる指導者が大量に出るまで日本のサッカーは

ダメな気がします。。

ジーコの時もドイツ大会やる前から悲しかった自分です。

今回もやる前から悲しい気分の世界カップ大会を迎える直前

であります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

気を取り直してイングランド対メキシコの親善試合、

イングランドは相変わらず代表ではボロボロ・グダグダ。

個人技&遅行・速攻を織り交ぜるメキシコに一方的に攻められ

っぱなし、メキシコがキープするとボールを奪えないイングラン

ド。やはりキープ力と個人技のあるチームに対しては、イング

ランドお得意のプレッシャーは空回りばかりし脆い感じが・・・。

これがフィジカルもあるブラジルだったら・・・。

しかし試合はセットプレイ&高さでねじ込んだイングランドの

勝利で3-1でした。

ボディコンタクトの体格・高さ・強さのフィジカルに厳しさに耐え

られる経験があってなんとか勝利!

そんな感じに見えました。

しかし内容はひどい、ホームのウエンブリーでの試合にしては

お粗末すぎる。

イングランド、7割は攻められっぱなし、

シュートも結構打たれたもののメキシコも日本同様最後決め

られる選手が・・・。

カペッロの采配、布陣は手堅く論理的。

カペッロという名監督が率いるだけにワールドカップでもある

程度までいけそうで楽しみですが、

ただし、イングランドもオランダ同様ビルドアップに難ありで最

強レベルには遠いかな、そんな印象の試合でありました。

次にJリーグを書こうと思ったら、結構タイピングの遅い自分な

ので書くのに時間かかり過ぎました。

そのうち忘れた頃にまた書くかも、

ブログゆっくりやりたいけど、生きていくのが厳しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

やってしまった感を感じる城福さん FC東京の広島戦を見て

広島戦を見て前半の28分だったかぐらいにケガでもないのに

交替させられた平山を見て、

おいおい、そらないやろ!と感じた私です。

はっきりいって監督の方が問題ではないでしょうか。

平山という選手、

昨年も何度もブログに書いてますが、

決してトップに置くFWタイプの点取り屋選手じゃないです。

点をたくさん決められるタイプじゃない。

なぜなら、

①敏捷性に欠ける

②上と似てますが、シュート時の振りぬきは速いものの、シュ

ートモーションが大きくスローで相手に詰められやすい。

③背が高くてもヘディングが上手くないのでヘッドのシュートの

精度なく苦手。

④これが一番致命的ですが走りながらボールを受けた時のト

ラップ及びキックの精度が低い。

ただし足元で受けた時は問題ない。

以上、今まで平山を見てきて感じてきた事で、点を決める為の

確実な武器が少ない選手だと思うのです。

時折目の覚めるような弾丸ミドルを見せるので勘違いしそうで

すが・・・。

過去にもシーズン通して2桁取った事がない選手であります。

しかし、昨年序盤のFC東京がろくにビルドアップが出来なかっ

た時、それこそ私には監督の指導力の問題だと感じたのです

が、その時の打開策として平山を試合に出し、彼に預ける事

でポゼッション出来るようになり、平山からのパスを起点にアタ

ッキングサードの攻撃を構築してたと思います。

平山にはトップ下の特性(2列目特性)に関しては持ってると、

私はかなりそう感じてきました。

①パスのセンスがあり、パスの球種も変えられ、スルーパス

やタイミングを外した精度の高いラストパスをだせる。

②敵のマークを複数引きつけられる上に、相手とのボディコン

タクトの寄せでは簡単にこけないので、ある程度のキープ力が

ある。

③サイドにいる時、特に左サイドでは時々ドリブルで攻めあが

ったり、中へ切れ込んだりする効果的なドリブルを見せる。

そんなMF的特徴で昨年から1.5列目で使われた経緯のあっ

た平山です。

それだけに、昨日の試合後の城福監督のコメントには正直が

っかりです。

決定機を外したから、これまでの試合でも外してきたから、

だから平山1人を懲罰的に変えてしまう、切り捨ててしまう。

平山という選手の特徴を理解せず、間違った適正で使って結

果がダメだからと個人批判した上で干してしまうとは、

これでは平山は終わったかもしれません。

1人の有能な選手がその素質を理解されず無惨に切り捨てら

れたようで、残念に感じ、悲しく思いました。

昨年平山が相手の複数のマークを引き付けたからこそ、

他の選手へのマークがルーズになりスペースがあった、

そのスペースをドリブルして切れ込み石川ナオが得点を重ね

ブレイクできたし、

羽生さんがスペースへ飛び出し、フリーランニング出来るのも

あるいはスルーパスを出しチーム最多アシストをできたのも、

それらスペースを作った平山によるところが大きかったはず。

あるいはカボレや赤嶺が平山を追い越してパスをもらいシュー

トにいけた。

そんなモロモロの攻撃パターンも平山の敵をひきつけるキープ

とパスセンスがあったればこそと、自分は思ってます。

決して城福さんの戦術が功を奏してポゼッションが出来た訳

でもたくさんのシュートシーンを作れた訳でもないと感じてた

のです。

ムービングサッカーとかいいながら、戦術自体は大した事がな

いそんな印象でした。

その平山を今シーズン、ゴールゲッターで使って点が取れな

いからと決定力の無さを1人に押し付け怒りだすとは、

ほんとは選手を選んだ監督とその監督が指示した戦術のミス

が大きいはずなのに、私には解せません。

次節以降平山という選手がもし出なくなったなら、腐ったら、

今の城福サッカーならボランチより前ではポゼッションすらまと

もに取れない可能性が高いと感じます。

今年は優勝争いをと期待してたFC東京のチーム崩壊の可能

性もありうるかもしれません。

私には次節以降に早くも大きなヤマが来たと感じるFC東京の

昨日の試合を見ての雑感でありました。

最後に、梶山・米本がいない時、

私ならこういう布陣が良かったのではというのを、

いたずらで書いてみます。

攻撃的な場合

       リカ(重松) 赤嶺

  平山            石川           

       羽生   徳永

  長友  今野  キム  森重

          権田

根拠は森重がU-23の頃トゥーロンで良かったのはサイドバ

ックでのパフォーマンスでした。

素直にキムをCBに、長友と石川はどうも合わないと感じるの

で森重右サイドに。

逆に平山が2列目左ならキープしてる間に長友もオーバーラッ

プしやすいはずで、両サイドハーフに平山・石川のうるさい選

手を起用すれば、相手の中央守備が手薄になりやすいかと、

羽生選手がどまん中をフリーランニングして裏抜け、

あるいはパサーでスルーパスするのも面白いはず。

守備的に戦うなら、

        リカ

  羽生   平山    石川

      徳永   松下

長友   今野   キム    森重

この形にします。もちろん梶山が復帰すれば梶山が松下に変

わって入るのがいいかと。

最後にもう一度、

昨日の監督インタビューは、あれは完全な八つ当たりでしょう。

あれはあかんわなぁ。

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

雑感、Hemさん、モーさん、P306さん

最近ブログでのやりとり減りました。

私がブログを書くきっかけになったHemRockさん、

お元気ですか?

サッカー見てますか?モンテディオ頑張ってますね。

忙しいのと何か状況が変わったのかなとか想像してます。

たまには遊びに来て、コメントでも寄こしてくだされ。

私がサッカーの話をしてて一番楽しい人、桃の国の王子モー

リーさん。

我々は追い込まれてこそ真価を発揮の励まし有難うございま

した。

今も追い込まれてる進行中です、残念な事に・・・。

でも、私と違いもーさんには希望があるのが素晴らしいです。

もうお子さん産まれましたか?

元気でやっておられますか?

きっと良い家庭を築かれてる途中なんだろうと、色々想像した

りして私がなごんでます。

たまには立ち寄ってくだされ。

P306さんのブログも昨年急に止まりました。

来られる事は少なかったですが、

私がそちらへ訪問してコメ職人ばかりでしたが、

長らくやりとりしてただけに寂しいです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

自分は今年一年は完全に試練です。

最近、時々しかエントリー書けませんけど、

寂れたブログに来られてるみなさま有難うございます。

多忙ですが、私はボチボチやっていきます。

コメント下さる方々有難うございます。

有り難いです。

突然ですが、皆様これからもどうかよろしくです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »