« 2010年7月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

FC東京ビルドアップに難ありかな!?

神戸とFC東京の試合、やっと見ました。

東京の場合、今シーズンずっと気になってるのがサイドバッ

クのポジション取りなんですが、神戸戦では露骨に問題点

が見えてました。

私の持論に最終ラインからのビルドアップがスムーズに出来

ないチームはシステムに問題があり、弱いという考えがあり

ます。

最終ラインからのビルドアップは選手個々のポジショニング

が大事な要素であり、1人でもポジション取りがオカシイとス

ムーズなビルドアップが出来ないのがサッカーというゲーム

でありまして、そのチームの実力を見るのに私は最終ライン

からのビルドアップをいつからか特に注意して見るようになり

ました。

サッカーでは攻撃と守りは実は表裏一体で、ポジショニングと

いう意味では実は攻撃時も守備時も同じ意味のものでして、

ビルドアップがスムーズに出来ないチームは守備になった瞬

間、埋めるべきスペースを空けてしまうという意味で守備も脆

いチームだと私は言い切れるかと考えてます。

ではビルドアップがうまくいってるチームはというと、下の図の

ような組み立て、ボールの運びを試合中何度も目撃できます。

Photo

最終ラインからサイド、逆サイド、さらに逆サイドといった感じ

でジグザグを描くようなボールの運びがスムーズに出来る、

相手マークが片側によるとあっさり逆側へサイドチェンジ、

さらにそちらへもマークが寄せると逆側へ再びのチェンジ、

相手のプレッシャーを受けないスペースを使いながら、

途中の選手を経由しながらでもいいし、ダイレクトなチェンジも

いいし、とにかくスムーズに相手のマークを振り切りながら前

線まですばやく運び、攻撃に繋げられるのが大事だと私は考

えます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて神戸戦での東京のビルドアップです。

Sb

↑何やら色々書いてますが、わかりやすく書くと、

例えばマイボールになりました。最終ラインの今野選手がSB

の椋原選手にパスを出そうとしています。

ところが何を思ってか椋原選手はセンターライン近く、相手選

手がすぐ前で縦への方向にフタをする位置にさっさと上がって

しまう訳で、これだと今野選手は椋原選手へ出しても、相手が

側にいて奪われてカウンターを受ける可能性があるのでサイド

へパスが出せない訳で、仮にパスを出したとしても、縦方向が

切られてる以上、椋原選手の持つ選択肢は今野選手へのバ

ックパスか、ボランチへの横パスか、その程度しかない訳で、

それでCB今野選手が真ん中のボランチとパス交換すると、

今度はそこが狙われてるという図です。

Sb_2

相手が近くにいてやたら高い位置にいるSB椋原に、

仮に今野選手がパスを出したとしても、縦方向が切られてる

以上、椋原選手の持つ選択肢は今野選手へのバックパスか、

ボランチへの横パスかいずれにせよ前に運べないのは確実

で、パスをリターンされてもボランチかCBかに相手の前線

からのプレスが狙いをつけて迫ってくる訳で、

CB今野&ボランチの2人に戻したパスも、

そこしかないと狙われて前線からのプレスを受けるハメにな

り、今野は前線に長いボールを送ったり、ヨングンは自分で

ある程度ドリブルしたりして、なんとか前に運ぼうとしてまし

たが、苦し紛れのビルドアップが多かったと感じました。

結局SBの最初のポジショニングなんですね。

パスを受けようとするのにわざわざ相手の近くにまでイッキに

上がってポジションを取る意味はなんなんでしょう。

本来ならCBは身近にパスを出せる選手が多いポジションな訳

で↓

Photo_2

SBが相手選手のいない普通の位置に居てくれさえすれば、

身近な位置でも何通りものパス選択と方向が選べるのが普

通なんですが、何を焦っているのか椋原だけでなく北斗も全く

同じようなポジション取りでした。変にSBが高い位置を取るか

ら逆にCBにとってはパスの選択が減り、ロングボールかボラ

ンチとでしかやりとり出来ない、同じくボランチの徳永・梶山も

サイドへのパスコースが無いので出すところに苦しんでる、

そんな風に見えたこの試合のビルドアップでした。

本来はSBが相手プレッシャーの無い位置のサイドで持ってる

間に、中のボランチやCBを高い位置に押し上げたり、

逆サイドのSBが上がる時間を作ったり、

さらには縦にプレスに来る相手ワイドの選手の裏にいるSHの

選手へ縦に通したり、

図で書くとこんな感じなんですが、↓

Photo_3

①相手選手から遠い空いたスペースでパスをもらい、

相手プレスが来る前に次へのパス準備

2

②SBがボールをキープしてる間にボランチを押し上げ、

斜めにパス、もしくは前から来る相手の裏のスペースにポジ

ションを取る味方SHの選手を使ってのビルドアップ。

3_2 

③ここまでのパス交換の時間で逆サイドのSBがスペースへ

走り出して、直接のサイドチェンジやボランチ経由のサイドチェ

ンジ、もしくはボランチを使った壁パスで右SHへの三角パス、

あるいはそのSHの選手を同サイドのSBの選手が今度は追

い越してもいいですし、

いずれにせよリスクの少ないサイドからの展開で、

サイドから中、逆サイドを使う、あるいは同サイドの裏を使って、

さらにそこから相手側バイタルを使って横への揺さぶりなどな

ど、本来ビルドアップを担う中核になるポジションはボランチで

はなくSBなんですが、そのSBの選手のポジション取りの拙さ、

パス出しや判断の遅さ、精度などで攻撃も守備も組織が良く

なく、それゆえ今シースン東京は苦しんでるというのが自分

の考察であります。

しっかし、

即席の北斗はまだしも本職の椋原がこの試合のようなポジ

ション取りなのは、あまりにも初歩的な部分なので、

自分には試合見てて信じられんかったのです…。

誰か椋原と北斗に言ってあげて欲しいです、

「そんな位置にいて、そこから次にどこへ攻撃が展開してい

ける可能性があるの?」と・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

今日見た試合の雑感 ①住金鹿島(鹿島アントラーズ)対ヤンマーディーゼル(セレッソ大阪)、ついでにFC東京も。

最近更新間隔が空きまくり、

今日も久しぶりのブログ書きする管理人であります。

セレッソが調子良いです。

鹿島はもうずっと暑さにやられ低調なサッカーのままなのが

気になります。

同じ低調気味なFC東京相手にはなんとかですが、

その他の相手にはご自慢の前からのプレスが最初の数分で

疲弊して終わり、

あとは中盤支配されるのを耐えるだけの時間帯ばかりの試合

が続いているこの頃です。

前からプレスをかけてショートカウンターで勝負する戦術が最

近では大流行のようですが、

自分はチリのビエルサ監督のやりようが形は違えど同じよう

な戦術で、

連戦やスタミナ切れになると全くパフォーマンスが発揮できな

い戦術なので、このフォアチェック&ショートカウンターという

やり方にあまり興味が無い人間であります。

それゆえ日本代表監督がオリベイラさんになるのも嫌だと、

このクソ暑い中での鹿島の敗戦は、それゆえなんか必然で、

当然にも思えた結果でありました。

さてセレッソの場合、家長がレギュラーで起用されだした頃か

ら、ずっと変わらず4-2-3-1の布陣での戦いで、

ボランチの2枚、アマラウとマルチネスの外国人ボランチのセ

ットは、まさに一昨年のシャムスカ大分のようで、

フィジカル面で堅固で、しかもボール扱いの上手い2人で、

鹿島のプレッシャーもなんなくかわし、1つ前の3シャドーへ、

この3シャドーの家長、乾、清武の3人はポジションチェンジし

ながらパス交換多発、横のパスを回すうちに、SBの高橋や

丸橋がオーバーラップしてのサイド攻撃、無理なら戻して逆

サイドから作り直しのワイドな攻撃や1つ下げてボランチから

作り直しで、ゆっくりしたリズムからの個人技、

今日ならダイレクトパス3発&乾のシュートのような形で決め

たように、次の組み立てに備えてその都度ポジション取りの

移動こそすれ、無理に運動量を使わない消耗しない攻撃は

非常にいい、そんな印象であります。

守備の時もあまり前からチェックに行かず、さっさと自陣に引

き篭もって守備ブロックを作る、だからといって高速カウンター

狙いというわけでもなく、行けるときだけ速攻、それ以外はし

っかり組み立ててというやり方で、これは夏場にも強いわと、

そんな印象でありました。

ところでセレッソで印象に残ってる選手として、自分は上本大

海選手!を推したいです。

大分の時の印象では手癖の悪い、粗雑な選手だった印象な

のですが、今年の手を使えばすぐカードという新ルールという

か判定方針に適応して以降、もうずっと試合を見てますが、

上本選手の判断の良さ!体を入れる上手さ!クリアや繋ぐ場

面、人につく場面、遅らせる場面とか、奪う場面とか、

それぞれのシーンごとに間違いない選択をする実に上手いプ

レイヤーではないかと、これは私としては能力を舐めてまし

た。過小評価してました。

今シーズン開幕からずっと見てますが、上本選手いいです。

自分の中では代表でもおかしくないぐらいイイ。

今日の試合でも上本選手の判断で2失点は防いでる、

そんな印象です。

茂庭選手も同様に安定して良いプレイをしています。

なぜ放出されたのか謎なぐらい。

あと、セレッソの選手ですが、旧大分の選手が多いですが、

マイボールになった瞬間、パッとピッチをワイドに使う為、

散らばって拡散するポジショニングが大いに目に付きます。

これは昨年のポポビッチさんの大分からの特徴的なやり方の

1つで、今日も高橋、清武、上本、家長の昨年大分だった選

手が4人も出てましたが、あの頃のポポビッチ時代のサッカー

の影響が確実に今のセレッソにも見て取れ、

誰も書かないようなので、それにも言及しておこうかと。

昨年の経験もあってか、浮かれてないし、レベルアップしてる

しで、セレッソの強さは本物だと思ってます。

あと得点の乾選手ですが、ボールを受ける為のポジショニン

グが素晴らしい、ボール扱いに長けた選手はJに多いですが、

ボールを貰う為のポジショニングとその為の運動、タイミング

が上手い選手、すなわちオフ・ザ・ボールの良い選手は話題

にならないのが自分は不思議です。

オン・ザ・ボールの技術よりレベルの高い相手や試合になる

ほど、むしろ重要なのは自分はオフ・ザ・ボールの能力だと思

っており、“セクシー・フットボール”の申し子乾選手ですが、

これから改善すべきはむしろボールを持った時の能力ではな

いかと、そちらの不足がやや目に付く管理人です。

それもこれから成長するだろうと、そう思います。

自分は開幕の頃、ここでセレッソ6位に予想したのですが、

多分いいとこ突いたような気が…、

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さてFC東京の試合、まだ見てないので結果も知らないので

すが(今日のスカパー再放送録画予定)、

前節までを見る限り、かなりやばくなってる気がします。

選手に覇気もなくなってるような…。

今年の失点の多さは一番にはSBの守備だと自分は思って

ます。

東京の昨年のやり方は4-2-2-2のボックス型と呼ばれる

布陣でした。

このやり方は古典的な4-4-2の1つで、

サイドはサイドバックが1人ずつのみで、中央ばかり選手が多

くなるやり方です。それゆえ中央からの力押しが多くなり、

サイド攻撃が不足する為、ここぞの時のサイド攻撃にはSB

がオーバーラップする必要がありました。

自分は昨年、その底から長い距離を走って来てオーバーラッ

プするSBの選手をシンプルに使わず、オトリ役にして再び中

に切れ込んで個人で勝負するワンパターンな攻撃がやたら多

い事にになんだかなぁと、良くここで書いてました。

話を戻して城福さんのサッカーにはSBが高めのポジションを

取って攻撃参加できる準備が昨年必要であったのですが、

ただSBが高い位置を取り、積極的に攻撃参加するには、

上がった裏が当然弱点であり、後ろの残った守備選手達に

はそのケアも必要でありました。それでも守備に目を瞑り攻

撃を優先する考えは1つのやり方であろうと感じたものです。

それが今年のシーズンになって、米本・梶山のWボランチのケ

ガからシーズン前半はボックス型ではなく、

2列ラインの4-4-2で徳永、それに羽生のWボランチであり

ました。これによりサイドからの攻撃はSHが中心になり、

守備ではSBとSHの2枚になるので守備が安定するものの、

攻撃力は4-2-2-2-の時より選手全体が低い位置に陣

取る事から、あまり多彩な攻撃は出来ないはずで、

山形が昨年から最近までこの2ラインの4-4-2でしたが、

あのように現実的な1点をめぐる戦いになるのが必至で、

その代わり失点は減るはず。

手堅いやり方に変えてきたなぁというのが印象でありました。

その頃、よく結果が今ひとつなのはボランチのせいのように言

われてましたが、自分はそうは思っておらず、

4-4-2ならフラットな最終ラインから自陣サイドにしっかり守

備ポジションを取らないとダメなのに、

なぜか城福さんの指導では前年の4-2-2-2の時のように

中途半端に高い位置を取るSBのポジションが目に付き、

その裏から攻めら失点するのが良く見られ、

そこへ投入された松下や北斗、ヨングンの不慣れもあったの

でしょうが、どの選手も中途半端に高い位置を取りがち、

皆が皆そうだから城福さんの指示だと思うのですが、

その割にオーバラップして攻撃参加する数が多い訳でもなく、

その為の中盤経由のサイドチェンジの数も激減してるように感

じ、なんだか攻撃も守備も中途半端であり、

守備でのポジショニングの悪さばかり見られる今年です。

やがて2ラインの4-4-2は人もボールも動くサッカーではな

いので、やり方を変えてきたのか?

昨年のように4-2-2-2に戻し、でも石川ナオの不調もあっ

て昨年ほど点が取れず引き分け続きは変わらず、

それでも選手の復調や故障選手の復帰によって、

まだまだ上昇する可能性があると私は感じてたのですが、

この頃も失点の原因でもっとも多かったのがSBの裏からの

相手攻撃だと感じてたのですが、

それが大黒の加入で最近は大黒を生かす為にトップの下あ

たりの比較的高い位置でブロックを作り、

そこで奪って飛び出す大黒を狙ってのショートカウンターをや

り始めたのが最近なのですが、

高めの位置にブロックを作り前からプレッシャーをかけ、

奪ってカウンターのそのやり方が最近墓穴を大きくしてる気が

してます。そんな風に感じるこの数試合であります。

守備に安定をもたらしてた徳永をSHにしたりSBに置いたり、

それによりボランチの守備が不安定になってしまい、

しかも高い位置で奪うやり方にボランチの選手のうち1人が参

加する事が多いため、

その裏の自陣の最終ライン前には大きな相手にもってこいの

スペースが出来てしまい、

残ったもう1人のボランチの両脇のスペースがガラ空きになり、

そこで相手に起点を作られ、

サイドでは中途半端に高い選手の裏に入ってくる相手選手に

ギャップを突かれ、

サイド守備の弱点と併せてボランチエリアのバイタルゾーン

にも新たな穴が出来てるのが今の状態かと。

サイドにも中央にも穴があるのが今の東京のやり方で、

このくそ暑いのに今頃高い位置からプレスなど消耗するやり方

を始めた時点で少々愚かな考え方ではないかと、

前節セレッソ戦でサイドから家長にクロスを入れられ、

逆サイドで決められたあのシーンなどまさにSBがフリーで穴

だという象徴的なシーンでありました。

今のFC東京が勝つイメージが自分にはもう持てないのでし

て、さて桜戦を先に見たので、東京は再放送を今日見るので

すが、予想通りの展開になるのかどうか。

中盤もサイドもやられまくる、そんな残念な予想なんですが…

こんな順位にいる選手の質のチームではないのに、

なんか今年のJで東京が一番残念なんであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

FC東京対名古屋グランパス戦を見ての雑感

生存していくのに必死で最近ブログどころでなくなってる管理

人です。

サッカー観戦もさすがに最近減り気味、

それでも最近のFC東京の不甲斐なさにさすがに何か書きた

いと、そんな気分なのであります。

昨日の名古屋戦、ロスタイムのラストプレイでの失点による敗

戦でありました。

しかし、失点の兆候はその前から大いにあったのに…、

自分は城福さんの采配ミスであったと、この試合もそうですが

最近采配ミスが多すぎると感じるのであります。

後半30分過ぎから梶山・森重の運動量が落ち、

特に梶山がそうでしたが、守備に戻るのが遅れ、

中盤でフィルターの無い状態が何度もありました。

それゆえ最終ラインが下がり気味にならざるを得ず、

結果最後は押し込まれていく形が増え…、

なのになにゆえフレッシュな徳永をワイドの位置に置き続けた

のか、自分には謎なのであり、あれは失策だと感じます。

そもそも城福さんは選手の特徴を完全に把握していないよう

に思われる事が多々あります。

例えば徳永ですが、彼の特徴は正確なトラップによる球扱い

オン・ザ・ボール状態でのキープ力とパス精度の高さ、

特に足の長い距離あるパスの精度の高さに関しては自分は

日本でも屈指の選手だと思っており、それゆえ昨年からポゼ

ッションサッカーを目指すなら、ボールをたくさん扱える徳永を

中央に置くのが良いとボランチに推していた自分です。

逆にさほど得意でないと感じるのは短距離のアイデアあるショ

ートパス系、瞬発系のスピード突破、そして決まらないミドルシ

ュートだと。

短距離系パスに関しては森重の方がむしろアイデアがありう

まいぐらいで、

その森重の特徴はといえば、今まで見てきた部分では豊富な

運動量、思い切りの良さを生かした突破、前線での球扱いや

アタッカーとしての頭や足からの得点力だと、

逆に球扱いの基礎技術が不十分でプレイ自体が雑ゆえ、

後ろのポジションで守備の中心に使うのは危険なポカが何度

もあるだろうと、もしDFで使うならSBが向いているだろうと、

しかし得点力を生かすなら1つ上のSHやトップ下の方がより

いいのにと…。

一方東京不動のボランチと誰もが見なす梶山選手ですが、

昨日の80分ぐらいだったか、自陣でサイドから中央へ横パス

を出すのを見て自分は思わず大きな悲鳴が…、

このプレイ、全く得点には関係なかったものの時間帯と場所

を考えるとありえない判断のプレイで、欧州のある程度の監督

だったらこの1プレイで彼は試合から干されるだろうと思われ

る、それほどヤバイ判断のプレイでありましたが、

それはさておき、梶山の特徴はといえば独特のボールキープ

から出されるパスが特徴だと、

彼の場合、そのキープ力を生かしてボールを持ち上がる事も

多く、良いパスも数々出せる選手ではありますが、

ボールをキープして持ち上がるドリブルはそれだけ相手に守

る為の、あるいはマークを確認する為の時間的余裕も与えて

しまうプレイであり、もっとシンプルなプレイで叩いて、運動量

で前に行ってスペースで再度貰いなおし、そのままシンプル

にノータッチやワンタッチでラストパスを出せるような、

そんなプレイに変えていかないと、梶山が持ちすぎるゆえに

相手の守備が整う、だから点が入りにくい、そんな側面もチラ

チラ見える訳で…、

さて新加入の大黒です。

かれはタッチ数の少ない短時間で来たボールを処理しシュー

トに持っていけるスキルがあり、マークを外すのもうまい選手

であります。このような裏を取る系の選手は自分が相手DFの

虚を突き、マークをうまく一瞬外すのに成功した時に走りだす

わけで、そのタイミングで後ろからパスを貰いたいと、

そう考えるタイプの選手なのですが、

こういったFWにはパスの出し手が自分の狙ったタイミングで

パスを出そうとするボールをこねるパサーは合わないのが常

で、清水の岡崎も小野とは未だに呼吸が合っておらず、

代表でも中村俊輔とは全く合わなかったように、

大黒と梶山は本来は合いにくい組み合わせであります。

ただ梶山が大黒の要求に応えられて、自分のタイミングを捨

て、大黒に合わるシンプルなプレイをやれば別ですが…、

そんな大黒に合いそうなパサーが実は羽生であり、ボランチ

からの徳永の長めの縦パスではないかと、

名古屋戦、梶山の消耗度合いが高かったので、前述の徳永

の特徴と何より守備を考えれば、終了間際守備で大きく守備

に戻るのが遅れ気味の梶山と森重よりフレッシュな徳永ボラ

ンチであるべきだったと、私にはそう見えた訳で、

さて得点の入らない東京ですが、特に昨日の試合で目に付

いたのが平山でした。

実は平山という選手、意外にもドリブルの回数、距離とも多い

選手で、確かJ’S GOALのサイトで見た記憶があるのです

が、ドリブル回数、ドリブル距離とも平山がJで最多だった記

憶があり、特に彼の場合左ワイドのポジションにいる時にドリ

ブルが多発する選手だと自分の記憶ではそうなっております。

それは彼の利き足が右足である事が大きな理由なのだろうと

予想され、左ワイドから中にドリブルで切れ込んでの平山はシ

ュートの決定率が結構高いと感じており、

昨日は多くのシュートを外した平山ですが、昨日だけでなく平

山がシュートを外すシーンの多くが左足と頭からのシーンに多

く見られ、それを考慮すれば自分なら平山をピッチの左サイド、

ワイドの位置にサイドアタッカーとして置くのが適任だと感じる

のですが、どうも城福さんはピッチ右側のFWに置く事が多く、

それによって左足からの精度の悪いシュートが多く見られる

結果にもなっており、平山のシュートミスを嘆くなら、平山の為

の利き足をいかせるポジションを用意してやればよいのにと、

自分ならそう思うのですが…。

チャンスメイクがうまく、ラストパスが出せ、ドリブル回数・距離

ともに多く、左サイドから中へ切れ込むのが得意、

さらに後ろから追い越すSBに相手をひきつけてパスも出せる

平山の特性を考えれば左SHやウインガーが彼の特性を考え

た場合の最適ポジションだろうと、

そして逆サイドの右に羽生選手、あるいはキープ力があって

後ろから追い越す選手も使え、ショートパスが得意な梶山が

本当は適任ではないかと、もっともトップ下のポジションが用

意できれば梶山はそこが一番いいだろうと思うのですが…。

ただ現実には梶山は攻撃的な位置だと突破やフリーランが少

なく、シュートも素早いモーションで打つのがあまりうまくない、

攻撃的な位置では速さや突破、シュート力が要必須と考えれ

ば、梶山にはそれらの武器がないので中盤よりやっぱり下に

置くしかないかと。

むしろボールを持ちすぎる特性とキープ力で考えればアンカー

の位置あたりが適性になってしまうのかなぁと。

さて点の取れない東京ですが、赤嶺にも色々非難が集まって

る様子、しかし赤嶺は今までの得点パターンを見れば解る通

り、本来の持ち味はシャドーストライカーであり、

相手のマークを外して裏に抜けたり、スペースに出てシュート

を放つのが得意の選手であります。

それゆえ自分は大黒の加入で生きるのは平山ではなく赤嶺だ

と以前どこかで囁いた事があり、

大黒の裏狙いにDFが引っ張られれば、最終ラインにスペース

が空くわけで、それこそ赤嶺の真骨頂の場面だと、

ところがそういうシーンを何度か見てきたのですが、

そんな時に味方の誰も赤嶺を見てないシーンが目に付き、

せっかくフリーになってる場面が何度もあったのに、

それも生かせてない感じで…、

城福さんは赤嶺に縦パスを受ける役目、すなわちクサビの役

をやらせたり、チャンスメイクをさせたりのシーンを多く見ます。

しかし、それで赤嶺が生きるのかといえば、自分的にはノーだ

と感じます。

とにかく上記の選手特徴を考えれば、今のポジション、システ

ム、ゲームプランにおかしいと感じる事しきりです。

以前春ごろ新潟の黒崎監督がデキル!と書いた事がありま

したが、やはり上がってきました。

東京の戦力で監督が黒崎さんなら今頃優勝争いをやってるだ

ろうと、そんな迷走するチームを寂しく見るこの頃なんでありま

す。

この戦力で残留争いとはなんだか。

ちなみに上記の選手特徴を踏まえて自分なら今の選手コンデ

ィションの場合、こんな布陣にするのですが…。

空想FC東京フォーメーション

4-1-2-3

           大黒

平山(森重)            ニョ(田邉)

      徳永       羽生

            梶山

森重     キム     今野    椋原

         権田(塩田)

4-4-2

              大黒(ニョ)

        赤嶺(大黒)

  平山                    羽生(大竹)

                  梶山

             徳永

  森重     キム      今野      椋原

            権田(塩田)

4-2-3-1

              ニョ

     平山      羽生(田邉)     森重(大黒)

            梶山   徳永

     北斗    キム    今野   椋原

             権田(塩田)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2011年2月 »