« 2011年3月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

三つ子の魂百まで①サボイでストンプ②トゥー・ヤング③インシャラー④アイドルを探せ⑤スター・ダスト

今日はちょっと昔語り、そして音楽の話です。

私は子供の頃、風変わりな家で育ったのです。

子供だからよく解りませんが、大阪ミナミのなんば

で芸者さんを派遣する桶屋のような家業をやって

る家でありました。

だから幼子の私は毎日が夜更かしする習慣で、

家にいる芸者の御姐(おねえ)さん方に連れられ、

いわゆる社交ダンスを踊るようなダンスホールに

何度も行った事が記憶に残っとるんであります。

クィックステップだマンボだラテンだの世界です。

他にもその当時の道頓堀、

戎橋の上は引っ掛け橋ではなく、

屋台が出ていてサザエのつぼ焼きを皆で食べた

の、

オールナイト喫茶で飲み食いしたの、

そしてオールナイトボーリングして朝になったとか、

大人の夜の世界を幼子の分際で毎日体験して

たのでありました。

今の親が聞いたら卒倒しそうな、毎日が徹夜続

きの幼子なんでありました。

御姐さん方は芸能人が好きでした。

待機室になってる家の部屋でロッテ歌のアルバ

ムを見るのが好きでありました。

「一週間のご無沙汰です、わたくし司会の玉置ヒ

ロシでございます」から始まり、

当時の御三家、橋幸雄や西郷輝彦、舟木和夫、

さらには三田明さんなんかが画面上で歌ってる

のを喜んで見てるわけです。

みなさん田舎から出てきたようだと、

今思えばあらゆる方言が飛び交ってました。

もちろん踊りの稽古や三味線なんかも日常的に

目にしていた光景でありました。

和服の御姐さんがたくさん、

家の中は化粧品でしょうか、ツバキの香りが充満

してた環境でありました。

当時は昭和39年~昭和41年、

私は3歳~5歳で、まだ通天閣のある新世界が

怪しい場所になる前でむしろ華やかさの残る繁

華街として持て囃された時代でありました。

家族や親戚の聞く曲は洋楽が中心でした。

そんなたくさんの大人に囲まれて育った環境から

幼心に記憶に残ってきた曲たちを今日は私の想

い出とともにご紹介。

ちなみにこれらの曲のいくつかが現在の私のカ

ラオケの十八番(おはこ)となってしまってます。

三つ子の魂百までとはよく言ったものです。

①サボイでストンプ

ダンスホールで聞いた記憶。

大人になったある時にこの曲と出会って、

私は一瞬にして幼子の頃に還りました。

そして懐かしさかなんなのか勝手に涙が溢れた

曲です。

今も大好き。

②トゥー・ヤング too young

美しいメロディが幼心にも大好きでした。

30代になって再会。

ああっ、この曲は!

子供の頃、まだ平和で幸せいっぱいあふれてた

じぶん家でよく流れてたなぁ、そうこの曲だわ。

私にはやすらぎ一杯の時代の匂いがする

とても大事な曲です。

③インシャラー Inch Allah

叔父が毎日聞いてた曲でありました。

初めて叔父が買ったレコード。

「ブルー・ジーンズと皮ジャンパー」とA面・B面、

こればかり毎日聞かされ、耳コピで覚えてしまっ

た曲でありました。

そのもの悲しさ全開の旋律が耳に残って離れな

かった曲です。

カラオケ嫌いの叔父はめったに飲みにもいかな

い。

当然カラオケなんぞ歌わないし、曲も知らない。

そんな叔父とめったにないスナックに飲みに行

く機会があり、チーママの薦めで歌った曲がこれ

でした。

カラオケ嫌いのじいさんになった叔父も顔を崩し、

じいさんの叔父と初めて一緒に歌う良い想い出を

最近残してくれました。

ちなみに仲の良い親戚として残ってるのはもう叔

父だけ。

最近は良い人ほどみな早死にだと感じてしまい、

自分の周りの人間が確実に減っていくことに落ち

込みます。

④シルビー・バルタン アイドルを探せ

初めてレナウンのCMで見た時にまだ4歳なのに

この人に恋をしました。

その映像がツベにありました。

今頃になってネットで見られる、

何十年も前の映像なのに、恐ろしい世の中にな

ったもんです。

そいでもって、

私の大好きだった曲がこの「アイドルを探せ」で

あります。La plus Belle pour Aller Danser

いやぁやっぱ可愛い、かわいすぎ、

もぉーーカワイ・イ・ちゅうの。

私の女性の好みに、この人、ぜってぇ影響与え

てます。

⑤スター・ダスト Star Dust

メロウでメロディのきれいな曲でした。

ちいさなちいさな自分が毎日子守歌として眠りに

入る曲として聞いてたのがこの曲であります。

今もこれ聞くと寝そう。

真梨邑ケイさん、最近スカパーで色っぽいのを

見ました。

この方の顔や容姿、声が好きなので真梨邑ケイ

バージョンを聞きながら深夜にこのエントリーを

書いております。

そろそろ眠る時間です、

この曲で良い夢をみそうです、

では、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

コンピュータデザインの車 or ちょっと昔のデザインの車

最近はデザインするのにコンピュータを使ってる

ようですが、

どうも私はコンピュータデザインが好きになれな

い。

私の勘違いかもしれませんが、コンピュータ使う

と削ぎ落として残ったものをどうぞ!みたいな、

そんな印象なんです。

例えれば硬い石のかたまりとか、鉄のかたまり

とか、そんなものをノミとか彫刻刀なんかで削っ

ていくような印象。

残ったもののデザインは塊感(かたまりかん)が

あって筋肉質な印象なんだけど優雅な感じ、

繊細な感じががない。

マックのipodとかも最近の自動車デザインとかも

破綻はないけど美しいとか思ったことない。

削ぎ落とすんじゃなくて、

ねんどをこねて作るとか付け足していくとかのよ

うな感じがより美しく感じてわたしゃ好きですね。

そんな訳で今日は昔美しい、カッチョイイなと思っ

た自動車の造形みるエントリーです。

※三菱自動車

①コルトクーペ

800pxdodge_colt_2nd_gen_cp

一応2代目のギャランクーペで70年代デザインで

す。

初代はコルトギャラン(学生時代の先輩の車、

非力で明石の急坂を上るとき私の原付より遅

かった・笑!)

そして2代目は単にギャランの名前に。

3代目がギャランΣ、ギャランΛのシグマ・ラムダ

となるわけです。

写真のクーペのリアウインドウ付近の繊細な造

形、ゆるやかに落ちていくリアのラインの優雅さ、

それに合わせてサイドの水平ラインの微妙な曲

がり加減、ふ・うつくしい…!

しかし子供の頃から思ってましたが日本人って

美的センスないんじゃないの?

美しいデザインの車ほど売れない。

ドヤ顔した車ばかり売れる。

しかもゴテゴテに膨らましたようなボテデザイン

のコンサバ造形の車ばかり売れる。

とても嘆かわしいのです。

②ギャランΛ(ラムダ)

800pxmitsubishi_sapporo

3代目ギャランのクーペ76年の車です。

当時流行の直線基調デザイン、

今見ても優雅です。

リアのラウンドガラスが特徴、

水平基調のサイドラインはピニンファリーナと同

じで地面に水平なラインを入れるとデザインに落

ち着きが出るのが自動車デザインの文法であり

ます。

71650d944a

国産初の角型4灯ヘッドライト。

当時の三菱デザインはフロント&リヤがクサビ型

になるのを特徴としておりました。

今見てもやっぱり優雅。

③三菱ミラージュ

Mirage

Middle_1323092379

800pxmitsubishi_colt_5_d_1980

78年デビューのFF2ボックス。

やはり直線基調のシンプルなデザインなのに、

この車にはヨーロッパの香りがありました。

クリーンでキレイで飽きない造形でした。

当時の三菱の車はカッコ良かったですが、

残念なほど売れなかったですw

同時期のシビックやアコードハッチバックなんか

より数段進んだデザインでした。

むしろヨーロッパ車の方があとからついて来てる

ようにさえ感じたほど。

※番外 80年代のルノー5

800pxrenault_superfive

Renault_5_2

上はシュペール・サンクです。(super5)

ランボルギーニ・クンタッチやミューラ、

(かうんたっく&みうらのこと)

ランチア・ストラトスなどをデザインしたカロッツェリ

ア・ベルトーネのマルチェロ・ガンディーニのデザ

インです。

ガンディーニのデザインはタイヤハウスのラインに

特徴あるので見れば一目。

ミラージュに似たデザインですがリアの平面的で

優雅な曲面となる造形がとても美しい。

リアの切り落とす角度も斬新でした。

日本車にも良いデザイン多いんですけど、

どうも認知されない。

まだまだありますが、

長いので次に続きを、本日はこれまで

にします。

※追加

本日の一曲は上の三菱ミラージュCM曲であった

ゴダイゴの「ミラージュのテーマ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

情け容赦ない昭和の土曜日夜の番組 「お荷物小荷物」「必殺」「木枯らし紋次郎」

今思えば昭和のテレビ番組はアヴァンギャルド

なのでありました。

特に土曜日は人の情けは無視なのです。

確か昭和46年か47年か、

大阪朝日放送製作・TBS系で伝説の番組

「お荷物小荷物」が始まります。

前番組の「月火水木金金金」同様中山千夏が

出演。

ブラックユーモアのかたまり、

何でもありでNGもOK!

役者がドラマ中に自分語りを始めたり、アドリブ

で笑わせたり、

スタジオ見学の人やスタッフと絡んでコントを始め

たり、

最終回はドラマなのに生放送、しかも最初の数

分で台本終了し最期となる。

時間あまって仕方ないので役者とスタッフが番

組中に協議しアドリブで最終回らしいストーリー

を継続。

すがすがしいほど男尊女卑なセリフまわし!

途中でセットをぶっ壊すなど実験ドラマとして愉

快な作品で、記憶されてる方も多いのでは。

舞台はあの時代にあっても超男尊女卑で父親絶

対の家父長主義の家族、その長男に色恋沙汰か

ら妊娠後あっさり捨てられた姉の恨みを晴らそうと、

米軍統治下の沖縄から妹の菊が姉の残した遺児

を連れて東京上京、素性を秘密に家政婦になって

家族兄弟を色仕掛け懐柔と得意の空手で戦うとい

う展開。

中山千夏の左巻きなセリフも爆発。

なにかとシュール、

いろいろユニークでありました。

その後番組も実験的、

あの「必殺」シリーズです。

時代劇では定番のチャンバラが無い。

主人公たちは金がないと動かない、

人情で人助けなど真っ平ごめん。

善良な人たちが毎回哀れな末路をたどる。

きれいな娘さんが「あ~れ~~」

_ノフ○ グッタリ

悪人に毎回帯を解かれて回されて、

おっぱい出た~!と悦ぶ(当時の私!)小学生

の自分であります。

ピンク映画の女優さんが何やかんやの事後に

殺される。

最後に金を託して恨みを晴らしてほしいと。

ここにきてやっと動き出す主人公達!

立派な人でなしぶりに当時拍手喝采でした。

「必殺」がやるなら自分達もやる、

そう裏のフジテレビ系列の「木枯らし紋次郎」も

立派なヒトデナシでありました。

何が斬新かというと、善良な人々が苦しんでる。

「お願いです、助けてください」と毎回懇願される

のに、返答は毎度「あっしには係わり合いのねぇ

こって」で一蹴。

ストーリーが紋次郎のいない所で毎度展開され

るのがとても斬新!

困った人々が結局虫けらのように死んでいく訳

で。

調子に乗った悪人がよせばいいのに紋次郎に

チョッカイ出して、降りかかる火の粉を払うかの

ように「やれやれといった表情、 

 ┐( ̄ヘ ̄)┌」

そこで初めて戦うといったあんばい。

しかも戦いのシーンにキレイなチャンバラはない、

刀の使い方を知らないやくざもの同士、

ドスで殴るか突くか、蹴るか、そして毎度寝技で

の決着となる泥仕合でありました。

最後に哀れな人々の墓標に長楊枝を吹き刺して

カッコつける中村敦夫様。

キメシーンなのでありますが、

冷静に考えるなら、そこまで何もかかわりあいが

無かったのだから、死んでから情をかけるのも

いかがなものかと。

最初からやりゃーいいのにと毎度思った訳であ

ります。

善人がひどい目に遭うのはその後も「Gメン75」

などに引き継がれるのであります。

昭和の土曜日は善人の厄日で死んでばかり。

ところで昨今の政治に土曜夜のテレビの匂い

と似た何かがちょっとします。

鼻がいい?・・・

というわけで今日の一曲は、

中山千夏さんのヒット曲「あなたの心に」です。

じゃりんこチエで声優、どろろん閻魔くんの主題歌、

曲作りや芸術や文学など多才な人だと、

わたしゃこの人には敬服してましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

今日の一曲 Menage 「Memory」 ディスコ メモリー キャッツ

若かりし日の83年、

いきつけのディスコでヘビーローテなナンバーで

ありました。

ミュージカル「キャッツ」で有名な曲をアップテンポ

にしたディスコ版。

当時は劇団四季が出来たばかり。

そのころのJR大阪駅西、

現在のハービスあたりがまだ更地だった頃、

(今は劇団四季の劇場がありますね)

出来たばかりの四季はサーカスのようなテントで

営業。

その劇団四季の“ムゥジカウ”を見に行った記憶

があります。

あの頃はキャッツが大ブームでした。

ディスコでも「Memory」がヘビーローテ。

青春時代の思い出の曲であります。

ちなみにこの曲、洋楽の中では歌詞が簡単、

歌うの楽勝!

私も気分の晴れない時歌ってます。

歌詞はこちら

ちなみに歌詞の並びがディスコ版とオリジナルで

は違いますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日で15時間のドライブ

しばらく多忙でブログ書かずでした。

12日アメリカの短期留学から末娘が帰ってくるの

で関空に迎えに。

娘は来年以降、本格的に海外留学でいなくなる。

今回はその前の事前調べのような短期留学に

行っており、将来はアメリカでハイアット系ホテル

で働きたい希望を持っており、来年長期留学、

そのままアメリカで就職の流れを目指しており、

その関連でのまずはショートスティ、

いよいよ寂しくなる・・・。

職場から家に妻を迎えに、家から関空、子供を

迎えてから「蔵寿司」立ち寄りで家に帰り、

再び職場への往復180kmで時間は5時間。

ちょっと疲れる。

その日の晩夜中2時起床、

母親代わりに私を育ててくれた大恩ある叔母の

用事で四国・愛媛に運転手。

朝4時出発、

朝5時明石海峡大橋通過、

休憩挟んで朝6時過ぎ鳴門大橋通過、

完全に繋がってない徳島道に乗り換えるため、

高松道を降り、下道2kmの徳島道へ、

車内のテレビでオリンピックの閉会式をずっと

やってるが、県境を越えるたびにSEEKしないと

映らない。

朝8時徳島県美馬のサービスエリア。

あまり知名度ないが四万十以上の清流である

吉野川の上流、渓谷美では日本屈指の雄大な

場所なんである。

ここで降りて遊びに行きたい誘惑にかられるが、

今日はお抱え運転手が役目。

粛々と愛媛に、9時過ぎに目的地到着。

車で叔母の犬と留守番、

用事を済ませた叔母を乗せトンボ帰りで同じ道

を帰宅。

往復574km、休憩が多いので往復10時間のドラ

イブ。

以前は1日1000km超えでも苦じゃなかったが、

50歳超えるとさすがに疲れやすい。

白髪が急速に増えてきたこの頃、

5a64e_97_n0033651_lm

↑著者近影

翌日もしんどいのでブログを数日放置でありま

した。

ちなみに私はスピードはそこそこ出すのですが、

同乗者に“速いけど荒くない”と、

よく眠れる運転なのだそうで、

私個人も車からわずかなGを感じるのも好きじゃ

ない。

コーナーでターンインはオーバーに躾け、

APEXからアンダーにGを逃がす、

女性に車酔いさせない運転。

もちろんカックンブレーキなど私の辞書にはない。

今ではカップホルダー満タンの水をこぼさず、

水が表面張力でカップのふちを舐めるように回る、

そんなコーナーの走りが出来るようになりました。

「ふかすなよ!タク●!」

おっと天の声が聞こえる。

いずれにせよ、毎年お盆は走ってばかり、

師走じゃなくお盆こそ“走”の漢字であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

昭和44年8月24日午後6時30分と昭和45年8月23日午後6時30分

昭和44年、私は小学2年生でした。

今の子供は過保護だなぁと思いますね。

当時の子供は全然違う、

この年の夏休み、私と近所の子供同士は誘い合

って駅前の2番上映の映画館に映画を見に行き

ました。

もうイッチョ前です。

お小遣い貯めて、3本立て上映の映画館へ。

初めて見た「男はつらいよフーテンの寅」、

コント55号の映画、

そして「ゲゾラ・ガニメ・カメーバー南海の大怪獣」

の豪華三本。

親なんか付いてこない、ほったらかし。

そして昭和44年8月24日(日)、

もうすぐ終わる夏休み。

またしても仲良しグループの子供同士、

もうすぐ夏休み終わりだから最後のひと泳ぎと

この日は誘いあってプールです。

近鉄大阪線長瀬駅から乗り換えありの5駅、

近鉄奈良線八戸ノ里駅近くの東大阪市民プール

へ。

昔の子供は小学2年生にもなればひとりで電車

に乗れる子が多い。

楽しいプール、日焼けした顔、

家に帰ると当時お気に入りのアニメが始まる、

それが午後6時30分。

アニメの名は「忍風カムイ外伝」。

この数年前から空前の忍者ブームとマカロニウ

エスタンブームでありました。

「仮面の忍者赤影」「サスケ」「大忍術映画ワタ

リ」、

宇宙戦艦ヤマトのアニメ歌手で知られる“ささき

いさお”が俳優時代に出た主演作「忍術武芸帳」

そういや「風のフジ丸」というのもありました。

作画に若き宮崎駿もいたとかで作画が当時にし

ては超ハイレベルの忍者アニメでありました。

他にも一世を風靡した「忍者部隊月光」など、

とにかく昭和40年代初期は忍者ものが大人気

でした。

しかしそんなブームも翳りが来る。

時代の最後を飾った忍者もの、

それが大人の鑑賞にも耐えるといわれた、

この「忍風カムイ外伝」だったのです。

夏も終わりに近い、日も短くなって6時30分とも

なれば周りの風景は茜色に染まってる。

なにかもの寂しい、

子供心に寂しさを覚えながら、

お気に入りの「忍風カムイ外伝」を見たのを覚え

ています。

急に忍者ものの数が減った。

1つの時代として忍者ものは終わる。

そんな感慨をその年その日のその時刻のその刹

那に、確かに持ったのを覚えてる小学2年生の私

でありました。

ちなみにこの日から1ヵ月後の9月後半、

この日曜夕方6時30分の時間帯には「サザエさ

ん」が始まります。

今も続く「サザエさん」の時代の始まりです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それから1年、

昭和45年8月23日(日)、

もうすぐ終わる夏休み。

またしても仲良しグループの子供同士、

もうすぐ夏休み終わりだから最後のひと泳ぎと

誘いあってプールです。

楽しいプール、日焼けした顔、

家に帰ると当時お気に入りではないが惰性で

見てた今では大そうに国民的アニメとなど呼ば

れる温室っぽいものが始まる。

それがやはり日曜の午後6時30分。

お馴染みのオープニング、

その後は東芝さんのCMですが、

でもこの日はいつもと何か違う。

ロングバージョンの1分CM、

東芝EMIのCMがドキュメンタリーなつくりで流れ

てくる。

そのCMはこんな感じで、

CMに使われてた動画はもしかすると上のツベ

動画と同一なのかもしれない。

小学3年生の私はそのCMに魅入った。

今も鮮明に思い出せるほど脳裏に焼きつくイン

パクトがあった。

子供の耳だと、

「レリピーー、エルピーィ」と聞こえるフレーズが繰り

返された。

この数年前から空前のグループサウンズブーム

とマカロニウエスタンブームでありました。

「ザ・スパイダース」「ザ・タイガース」「ザ・テンプ

ターズ」、

マッシュルームなカットで知られる“初期のビート

ルズ”が日本に来たニュースは覚えてます。

そういや「ザ・ブルーコメッツ」というのもありまし

た。

当時同居してて母親代わりに私を育ててくれた

叔母はまだ高校生。

黄色い悲鳴を発しながらイギリスの匂いを発する

アメリカのグループ、ザ・モンキーズの30分番組

にお熱でした。

また東京都知事の人と寺内タケシの曲と、

もろもろリンクして太陽族がブームとなり、

こんなナショナルCMがたくさん流れてました。

このCMをバックに日曜夜8時の時間帯、

夏木陽介主演の青春ドラマ「青春とはなんだ」が

始まり、シリーズは後に村野武範の「飛び出せ

青春」、

中村雅俊の「われら青春」へと続きます。

♪そ~らにもえ~てる、でっかいたいよお~♪

とにかく昭和40年代初期はグループサウンズ

とエレキが大人気でした。

しかしそんなブームも翳りが来る。

グループサウンズとザ・ビートルズは微妙に違う

かもしれないけれど、

同じエレキとグループのサウンドという意味で、

子供には区別がつかない。

時代の最後を飾ったもの、

それが前述のロングバージョンの1分CMであり、

夏も終わりに近い、日も短くなって6時30分とも

なれば周りの風景は茜色に染まってる。

なにかもの寂しい、

子供心に寂しさを覚えながら、

ザ・ビートルズの「LET IT BE」を見たのを覚えて

います。

急にグループサウンズやバンドものの数は減っ

た。

1つの時代としてグループサウンズは終わる。

そんな感慨をその年のその日のその時刻のその

刹那に確かに持ったのを覚えてる小学3年生の

私であったのです… (u_u。)。

P.S.

ザ・タイガースといえば沢田研二こと“ジュリー”

の印象が後の人には強いはずかと。

しかし当時を知る人ならやっぱり一番の人気は

加橋かつみさんこと“トッポ”になるんだろうと

思うわけです。

そんな訳で今日の一曲はやっぱこれかな☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

勝者のメンタリティと心の師匠「ひかるの君」

今日はお子様禁止のアダルトな内容です。

まずは私の高校時代の話ですが、

大阪の天王寺区にある某仏教系私立男子校に

通っておりました。

最寄り駅は上本町。

上本町や天王寺区というのは大阪でも屈指の

文教地区であります。

明治からの財閥系大金持ちをはじめ、

相撲のタニマチの語源にもなった谷町の豪商、

さらに大阪は意外な事に寺院の数が全国一

多い、そんな仏教関係者も子息を通わせたい。

だから私立の高校がこの界隈に“こちゃーんとあ

るぜよ”、といった塩梅なのです。

四天王寺女子、大阪星光学院、大阪女子学院、

大阪女学院、

公立にも夕陽丘や清水谷、天王寺商業など、

朝夕の上本町や桃谷駅は名門高校の制服女

子がごっそり集団登校です!

豆の産地といえば丹波篠山か天王寺区か!、

ってな具合ですぜ、旦那ぁ~。

通学時間は女子鑑賞会の時間帯でありました。

そんな私はシガナイ男子校生、某上●高校出

身でありました。

我が母校の校歌は日本一歌詞が短い、

そして君が代にそっくり。

OBには、かの司馬遼太郎大先生もおられます。

大リーグで活躍の黒田選手も凄い!

しかしチャラ男の元巨人軍元木選手とか、

鼻からうどんを出す特技が異彩を放つ

“ほっしゃん”先生なんかもいて、

私を含め玉石混合な学校なんでありました。

私は一期一会を間違った解釈をしました。

毎日女子の誰かと一期一会したい!

一期一会したいぞーー!

だから学校帰りに見知らぬ女子に声かけする

事が日課でありました。

それを1年頑張り通して続け、下手な鉄砲数打

ちゃ当たると思ってたのが、

現実は厳しいのです、ほぼ全敗 _/\○_  

私の一期一会は敗北の歴史でありました。

しかし敗北からしか学べない事もあります。

女性には目に見えない結界のようなものが

あると、この時の経験が私に教えます。

それはテリトリーとでもいうのでしょうか、

ここに侵入しようとする男には容赦なく警戒する。

だから女性とのお付き合いには、まずテリトリー

内に侵入する事が肝心なんであります。

懐に入ってさえしまえば破壊活動は容易だと、

そんな事を学んだのであります。

高校時代は敗北続き、

しかし時は来た!

私は失敗から多くを学んだ。

もう失うものは何もない(アラン・プロスト談)

オレよ立ち上がれ、立ち上がるのだ!

キャンパスライフの時は来た!

天の利、地の利、時の利は揃った!

世の女性に対し、いよいよ攻撃を仕掛けようぞ!

いざ討って出ようぞ!!

以後学生時代になり、

私は歴戦のツワモノとなっていくのでありました。

女性を内部から破壊するのであります。

指先ひ~とつで~ダウンさ~♪

443pxchehigh

いよいよ私の革命です。

革命戦士となった私の手口はこう、

ある程度顔見知りに先になっておく。

対象相手の情報は充分にサーベイしておく。

(コマメ↑)

相手が一人の時に何気なく警戒されない学食

などに誘う。

そこでの会話はひたすら聞き役に徹す。

イエス・ノーで答えられない拡大質問に徹す。

時に大きくうなづき、同意してみせ、

目の前の女性の心情を汲み取るかのように努

力する。

そして自分も同じ価値観である事を殊更にアピ

ール!

これからも何でも相談に乗るよと、

相手女性の取締相談役に就任してしまう。

やがて後日…、

相談話を聞く途中に、それは思いがけず突然に

起こる。

「君の事はオレが幸せにしたいんだ」、

そういって突如相手を抱きしめる。

ギュッと強く!ギュっと強く抱きしめると、

やがて2人のシルエットは崩れ落ち…。

この手口で何人の女性をゲットしてきたことか、

以後私の人生は常にステディなナオンwがいた、

しかも複数いる事も多かったのだ、

最盛期の時は2股&キープ4人の数的優位も

作り出せた。

この守備ブロックならスペインにさえ勝てる。

イニエスタよ抜いてみな!

君はなんか桃に似てるな。

学生時代、まさにこの世の春である。

敗北し続けた高校時代から一挙に駆け上った。

私はついに勝者のメンタリティを手に入れた!

おっと、ところで、

いよいよオリンピック代表の試合が始まるわ。

あと3分だ、相手はメキシコ、準決勝だ。

五輪代表はこの試合に勝利して、

私のように勝者のメンタリティを手に入れてくれ

たまえ(ふふふ)。

そんな訳で、ここまで書いてなんですが、

今から試合観戦となります。

さてこの話、この後私に大いなる試練が訪れる

のであります。

私を絶望の淵に叩き込むほど強烈な、

あの忌まわしい出来事。

盛者必衰のことわりを表すかのように、

私は打ちのめされ、地に堕ちた。

そして師匠「ひかるの君」との衝撃の出会い!

これは長くなるので次回に続くとしたい。

この続きを読みたい奇特な方は「わっふるわっ

ふる」と

コメント欄に記入されたし、では!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

女子サッカー

なでしこ勝ちました、決勝進出!

なかなかハラハラする内容で、逃げ切れてよかっ

たという感想です。

ところで女子サッカーはこのオリンピックで初めて

じっくり見ました。

冷静に見れば、まだまだレベルは高くないんだな

ぁというのが正直な感想です。

別になでしこをクサシテル訳ではなく、

アメリカにせよカナダにせよ、ブラジルにせよ、

なでしこだけでなく女子サッカーはまだまだ質

の面、クォリティで物足りないと感じた訳でし

て、正直すぎるのかもしれないですが。

だから世界一といってもその頂はまだ低い、

逆にいえば今より数段伸びしろがあるとも感じた

次第。

もちろん女子と男子の違いである筋力、

ようは色々なスピードやパワーの違いは当然あ

るわけですが、

今回じっくり見て気になったのはもっと違うところ、

判断力、プレイ選択の正誤、ポジショニング、

走りの質とか、

もちろん基本的なタッチの質、トラップの精度、

キックの精度などもまだまだ女子サッカー界全体

が上がる余地があると感じるのです。

あらゆる部分でクォリティ的にはまだまだ上がる

余地があるように思えたのは事実で。

女子サッカーのプロ化が進むのかは解りません。

世界にプロの女子サッカーリーグが出来ていって

それが隆盛となり、より多くの選手や国が台頭し

ていって、とかなるのか解りません。

ただ何事も進歩していくのが世の常。

今の世界の女子サッカーと比べ、

20年後の世界の女子サッカーは数段レベルが

上がってるかもしれません。

女子といえどモアパワー、モアスピードのサッカー

が展開されてるかもしれません。

20年前は所詮アマチュアのレベルと揶揄される

日が未来に来るのかもしれないなぁと、

そんな事を思った次第。

その時に向かってなでしこもよりハイクォリティに

進化していればいいなぁと。

そんな感想の女子サッカー初体験でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

二人称代名詞「あなた」はありか?関西では「自分」やで

以前発言小町というサイトで二人称の「あなた」

を不愉快に思うとか思わないとかのトピックを見

ました。

そうか、不愉快といえば不愉快かも。

ネットで調べてみました。

色々な事が見つかったのですが、

その1つ、金井勇人さんという方のレポートで、

「普通名詞による二人称指示」というのが印象

的でありました。

日本語では二人称代名詞「あなた、きみ、おま

え」の使用が時として指示対象に失礼にあたる。

その代わりに固有名詞(名前)の使用、さらには

普通名詞の使用によって失礼さが軽減されるの

を考察したレポートでありました。

その内容を長々書くのはめんどうで!

例を示して簡単にいうと、

●なぜそんなことを聞くんですか?

●あなたはなぜそんな事を聞くんですか?

ようは上の主語無し、二人称代名詞無しの方が

ソフトに感じるという事です。

そして

●あなたはなぜそんな事を聞くんですか?

●田中さんはなぜそんな事を聞くんですか?

これも下の固有名詞の方が文章がソフトで、

相手に対して失礼さが薄いのです。

さらに、

●田中さんはなぜそんな事を聞くんですか?

●先生はなぜそんな事を聞くんですか?

固有名詞より役職や職業など普通名詞で人物

指示する方がよりソフトで失礼さが薄まる。

形の上で、よりソフトで相手を不愉快にしない順

番は、

普通名詞>固有名詞>二人称代名詞

上記のようになるというのが金井勇人さんのレ

ポートの結論でありました。

でも、

●なぜそんなことを聞くんですか?

●先生はなぜそんな事を聞くんですか?

私個人の感想では最初の主語無し、代名詞なし

が最もソフトに柔らかく聞こえる。

日本語とは面白い言葉で、英語のYouなどより

相手を直接示す二人称代名詞の失礼度合いが

高いのだと思う。

だから相手をいかに間接的に示すか、

歴史的に苦心してきたのではないかと。

自分自身を振り返ってもこういった感性が自然

と身についているのがなんとなく解ります。

そもそも「あなた」という代名詞すらもあちらの

方角という意味から来ています。

同様に「そなた→そちらの方角」、

「こなた→こちらの方角」となる。

とにかくできるだけ相手を直示(こんな言葉ある

か不明)しないようにしてきた気がします。

「あなた」という言葉に貴方や貴女の漢字が付

いたのは、ネットで調べる限り当て字であり、

後付けのようです。

元は方角を示す意味でしかなかったのが「あ

なた」。

さらに色々調べると古くからの日本語では、

相手を示す二人称代名詞が出来てはすぐに廃

れるを繰り返してきたようでして、

「きさま・貴様」や「おまえ・御前」など、相手を高

めてなんとか使えるようにした二人称代名詞も、

すぐに使えなくなり廃れて、

侮蔑の意味で使うようになっていったようで、

日本語のデフォルトな形は、あるいは無形の文

法とでもいうべきしきたりでは、

恐れ多くて、相手を直接指し示す言葉は極力避け

る使わないというのが歴史的に繰り返されてきた

ようです。

ようは主語無しで相手と会話するのが正しい日

本語であるようだと。

相手をあなた呼ばわりなど、私個人もやはり心の

どこかでなにか恐れ多いと感じるのです。

ネットを色々調べて解ったのは英語などの外国

語が日本に入ってきて、

それこそ代名詞を訳す必要があった。

明治以降になって二人称代名詞が使われだし

たようなのです。

しかし英文や仏文、独文など横文字と触れ合う

機会の多い地域、例えば東京のええとこ育ち、

山の手言葉などの都会では普通に「あなた」等

二人称代名詞使用が少しながら定着しだした。

デビ夫人みたいな「あなた・ざーます」が想像で

きます。

他にも日本各地で都市部中心に普通に「あなた」

等二人称代名詞を使ってる人も少しずつですが、

増えてはきた印象です。

さらに前述の二人称代名詞より、よりソフトな固

有名詞呼び、そして普通名詞呼びも使い分けら

れてるのが現代のありようにも思います。

でも、大阪含め近畿は今も言葉に対し保守的な

人が多いとも感じます。

だから主語なしでの会話が一般的なのかなと思

うわけです。

それでもどうしても相手を二人称で呼ぶ必要が

ある時、

失礼な感じがする「あなた」ではなく、

奥の手として一人称の「じぶん・自分」を使うよう

になったんじゃないかなぁ?

すごくイイセンいってる予想だと思うのですが、

ネットで調べてるうちにそんな事を思いついたの

です。

これ、私の感性にも合いますし。

正しいかどうかは知らないです、

反論はいくらでも認めますw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近江八幡から湯の山温泉へドライブ②

近江八幡で水郷めぐり、町家の散策、

ロープーウェーでの展望、近江牛、和菓子、

洋菓子、喫茶などを楽しんだら次は温泉なんで

あります。(以上↑①にて)

近江八幡から東へ国道421号線を通ると鈴鹿山

脈を越え湯の山温泉近くへ出るのですが、

この国道421号、以前は全国でも有名な酷道で

ありました。

もちろん今はそんな事はなくなったのですが、

わたしゃ実は酷道、険道の大ファンで、

全国に走破目的で出かけてきたスキモノなの

であります。

道が車1台しか通れない、路肩が崩れかかっ

てる、落石がゴロゴロ落ちてる、

恐ろしいほど急な下り道だ、道が右に左に

つづら折れのワインディング、落ちたら死ぬで。

こんな道に興奮しませんか?

わたしゃアドレナリンがどっぱどっぱ出る方で、

ちょっと公序良俗に反してるのでこの辺にしとき

ますが、ワインディングは楽しいです。

さて、そんな国道421号線、

以前は永源寺発電所までの通称八風街道では

普通の道なんでありますが、

そこから先の石榑峠からが酷道区間でありまし

た。

800pxryugatake_and_ishiguretoge_200

急峻な鈴鹿山脈越えとなるこの峠には、

下りの急な道と仮舗装状態から2t(トン)以上

の車が規制され、

その区間の入り口には写真のような堰があり

ました。

Route421gate

車1台の幅がギリギリ、

この幅を通過できないサイズの車は行くべから

ず。

コンクリート製の門には車が擦った痕が無数に

あります。

R421_ishigure_block

この門をくぐれば三重県に向かって落石あり、

崩れた路肩あり、

猛烈な下りの左右つづら折道路が体験できるの

でありますが、

私が経験してから数年後、結局がけ崩れが起こ

り、長らく通行止めになってたようです。

しかし昨年か一昨年だったか、

この石榑峠を通らず、ほぼ直線のトンネルによ

るバイパスが出来、

今では通行可能になったばかりか、

交通量も増え走りやすい道へと変貌したようで

す。冬季通行止めの規制も大幅緩和、所要時

間も30分以上の短縮、

文字通り近江八幡と湯の山温泉は今ではご近

所状態。

うまいものを食べた後の温泉へ直通です。

近江八幡・湯ノ山間はほぼ1時間10分です。

湯の山温泉のふもとに片岡温泉という日帰り

の温泉施設もあります。

Main04

弱アルカリ性の43度の源泉が豊富にドッパドッ

パ湧いて、豪快にかけ流しです。

Main03

源泉温度がジャストなので非加熱・非消毒の本

物のかけ流し、お薦めの一湯です。

http://www.kataoka-onsen.com/

料金は大人600円。子供300円

朝7時から夜11時までです。

他にも湯の山グリーンホテルで日帰り入浴を

やってます。

http://www.yunoyama-onsen.com/oyado/63/

こちらは弱アルカリ性単純泉の46度の源泉、

循環・かけ流し併用、

大人・小人650円

10:00~18:00(19:00までに退出)

日曜・祝日など夕方は激混みのおそれあり

木曜定休。

以上、なかなかにお薦めの温泉ドライブコース

ですぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

近江八幡から湯の山温泉へドライブ①

大阪の人間からすると、三重県の湯の山温泉

が滋賀県の近江八幡のご近所にあるのが不

思議な感覚に陥る。

なぜなら大阪でも南部の方から西名阪自動車

道でまっすぐ東、奈良経由で行く印象だからだ。

しかし地図上では実は近江八幡と湯の山温泉

は左右に位置するご近所で一緒に回れる場所

だったりする。

800pxhachimanbori07s3200 

そんな近江八幡と湯の山温泉という私の好き

なドライブコースについて今日はご紹介したい。

大阪から滋賀県は以前なら名神高速が定番

コースだったのだが、最近出来た第二京阪道

路によって今は大阪市内から楽に京都や滋賀

に行けるようになった。

余裕の三車線、良い道が出来たもんである。

瀬田西ICで高速を降り、県道26号から国道477

号と北上すれば、大阪から1時間半もあれば余

裕で近江八幡市に着く。

近江八幡市は歴史的には近江商人の町であり、

上の写真のような水郷の町でもあり、

古い町家が残る景観の素晴らしい所でもあって、

私はこの町が非常に好きである。

小舟に乗っての水郷めぐりはなかなか気持ちが

良い。

料金は舟によってピンきり。

この町は全て営業終了が早いので、何をする

にも朝から行く必要がある。

近江八幡の街中では近江牛が食べられる店

がいくつかある。

ステーキやすき焼きだと、私の甲斐性では敷

居が高い。

だから焼肉弁当とか焼肉ランチなどをたのむと

まぁお手ごろに旨い牛肉を楽しめる。

味付けや牛肉の扱い方から、どこの店もそれな

りに旨いのだろうと思う。

本当は上質な近江牛のステーキで試してみた

いが、散財した後焦心になるだろう我が心を思

うと二の足を踏む。

さて、そろそろ本編に入って今回のお薦めは

市内中心部、八幡堀に沿ってある日牟禮八幡

宮なんである。

広い境内にはそのまま車で乗り付けて駐車す

る事が出来る。

800pxhimure_hachimangu02s3200

奥には八幡山に上る八幡山ロープーウェーが

あって、その頂上からは琵琶湖や近江八幡を

一望できるパノラマ風景が待ち受ける。

Image1_2

近江八幡をはじめ滋賀県には、結構地平線近く

まで見渡せる大きな平地の田園地帯が多い。

北海道のような遠くまで道が一直線のような、

割と雄大さを感じる景色なのである。

もちろんスケール感はさすがに違うが…。

ところで一昔前に、私は京都から東京目指して

東海中仙道歩き旅を敢行した事がありまして、

その時、この日牟禮八幡宮の境内にある、

「たねや」さんという和菓子屋で休憩を取った

事があった。

歩きつかれた体に緑茶と和菓子が恐ろしいほ

どに旨い!

うっかりなハチベエさんのように余りの旨さに和

菓子を次から次へ注文した記憶がある。

その時から「たねや」さんのファンになった。

「たねや」さん、実は結構有名なんだという

のを最近ネットで知った。

Himure_image01_summer

関西はもちろん関東のデパートにも出展してる

ようだ。

そして「たねや」さんは実は「クラブハリエ」の名

前で和菓子だけでなく洋菓子もやってるとか。

名物のバウムクーヘン他数々の洋菓子が並び、

そして喫茶ではカフェラテの上に絵を描くラテア

ートなるもので世界大会優勝のバリスタさんも

おられるとか。

ちなみにこのクラブハリエの洋菓子部門は洋

菓子のワールドカップというべき世界大会の、

WPTC(ワールド・ペストリー・チーム・チャンピ

オンシップを連覇中というのを、情報番組で見

た。

和菓子についてはその旨さが私の記憶に残る

程が、同じ境内にある日牟禮ヴィレッジクラブ・

ハリエという洋菓子屋も、あるのは知ってました

が、そこまでのレベルとは!

今まで和菓子ばかりだったが、今度は洋菓子と

喫茶もぜひ行ってみたいと思ったのであります。

とにかく近江八幡は旨いもんだらけのよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック男子代表に思う

ベスト4ですよ、やりました。

その快挙も凄いですが、

日本のサッカーの水準がいよいよ世界レベル

に到達したと感じる感慨がわたしゃひとしおで

す。

これは歴史の積み重ねなんだろうなぁと思う

わけです。

ここ最近の流れを見ても、

オシムさんは走ることを植えつけた。

残念な事に結果こそ残せませんでしたが、

多くの指導者に影響を与えたんだと私は思う

のです。

なぜならオシムさん以降、Jリーグのサッカー

が急激に変わったから。

当たり前のパス&ゴー、チェイス&カバー、

オフ・ザ・ボールの動き、マークを外す前動作、

Jのサッカーが色々変わった。

岡田さんのサッカー、

後ろにへばりついてとにかくスペース埋めて、

4-5の2ラインで相手にスペース与えない。

ある程度攻撃を放棄する内容は今でも好み

じゃないのですが、

なぜならそんな守り方をしなくてもイタリア流の

守備組織ならもう少し高い位置で守備網を敷

ける、守備的な戦術が充分浸透してない不恰

好なやり方だと、そう思ってたから。

でも岡田さんはそれでもベスト16という結果を

残したわけで、そこは大したもんだと、

そう思ったわけです。

そのベスト16は日本の選手、日本という国に

自分達は世界でやれるという自信を与える大

切な実績だったから。

そして守備を重視すれば少なくとも日本の守備

は世界相手でもそう簡単に組織は崩されない

という確信を残したから。

そしてザッケローニさんが就任。

イタリアのとても理論的な守備戦術が日本に

注入され、

ラインからディアゴナーレという美しい守備ブ

ロックの形成の仕方、

それも選手間の距離や体の向きなど、

より細かく完璧になった守備ブロックの形成、

チェイスに行った後ろへ横ずれしながらカバー

に入るスカラトゥーラ、豊富な運動量でしっか

り走る日本の選手なら今大会のように正確に

空いたスペースを埋められるだろうと思うわけ

で、さらにラインをある程度上げてよりコンパクトに、

空きスペースを埋めていく作業の習得。

ルーティンのように身についた守備は破綻せず

より高い位置での守備網は攻撃の回数も増や

し、

さらに前から相手を追い立てるフォアチェックの

運動量も走るサッカーであって、

走るサッカーが守備にも生きてます。

もうザッケローニさん以降のA代表、五輪代表

ではカウンターで沈むかつての日本の悪癖が

激減。

より高いラインとフォアチェックがショートカウン

ターにも活きてといった具合で、

そしてワールドカップで得た自信、確信みたいな

ものが、本当に選手の顔から自信満々で任務

を遂行するような様子を窺えます。

今じゃ日本のサッカーは本当に美しい守備が出

来てるなぁと、

本当に急激に進化したなぁと、

A代表にも感じますが、私にはオリンピックの

代表にも同様に守備の繊細さが感じられるの

です。

最近ネットを見ててもサッカーに詳しい人が、

よく見てるなぁと思う人が本当に増えました。

サッカーを取り巻く環境も劇的に変わり、

みな目が肥えました。

マスコミは相変わらず低レベルですがね。

今回の五輪、ここからは勝負は時の運、

いつ負けてもおかしくないと思うのですが、

どこが相手でも勝てるポテンシャルを今の

日本サッカーは身につけたかな。

今回もし仮に勝てなくとも、これからこういう

機会は何度でも来るだろう、

それだけのレベルに達した、

そういうものを感じてしまうのです。

なんか目が細まるじゃありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

今の若い人に言っても信じてもらえない万博の記憶

最近、サッカー見てると選手の目にレーザー光

線当てるような、よからぬヤカラが多いんちゃう。

しかも世界各地の試合で見ますから、

民度がどうしたこうしたとか。

ところで私のレーザー光線初体験が、

実は万博なのでありました。

そのむかしの1970年、昭和45年、

大阪で万国博覧会がありましたぁ~(パチパチ)

で、当時大阪の小学校三年生の良い子だった

私も、三度ばかし行ったのですぞ。

万博は最近の博覧会とかテーマパーク同様に、

どこもかしこも長蛇の列で2時間、3時間待ちが

当たり前なのでありました。

だから並ばなくても入れるマイナーなパビリオン

に有難くたくさん入った記憶があります。

①エジプト館

館内には子供だった自分の背の届かない位置

に一直線に水平に光跡伸びるレーザー光線が、、

それがあちらこちらに。

当時の子供にレーザー光線といえば怪獣退治用

のキンチョールみたいな脳内イメージで。

ただスゲーと感心。

館内放送で「レーザー光線が目に入らないよう、

どうかお気をつけください」のアナウンス聞こえま

した。

ただ、そのあと、

「目に光線が入ると目が潰れる恐れがございます」。

目が潰れる!?Σ(゚д゚;)

なんかスゲーなー!

さすがあの時代、今なら「失明の恐れ」とか言うん

でしょうが、「目が潰れる(威風堂々)」と言い切り

でありました。

私には焼けた鯛の目ん玉つついてる想像図浮か

んだりしてw。

というわけで、良い子はレーザー光線で遊ぶの

やめましょうね。

②IBM館

コンプータのIBM様のおやしろでした(でも野外劇

場風)。

中では「考える人」という映画をやってました。

原始人の頭のところに豆電球が点いて、

何か閃くみたいな、w(゚o゚)w

人間は考えるのが大事という有難ーい、

平凡なお話。

経営不振の今のIBMの中の人に見せたいおすす

めの映画であります。

③インド館

何があったか覚えてない、ただショボかった記

憶のみでありんす。

一緒に行った叔父が、

「ほぉ~、仏教風か、ドイツにしては珍しい!」

あのーインド館だって!

「つまらんなぁ、

ドイツほど進んだ国ならもう少し中身が何とか

かんとか!」

だからインド館なんだって!

④ケベック館

カナダのケベック州のパビリオンらしい。

98%記憶なし。

アベックしか来ないただの休憩所w

でも冷房の効きだけは万博随一!

⑤ガイジン

当時は白人様なんかめったに見ないので、

万博会場では有名人でも何でもないガイジン

さんにサインを求める人もいたとか。

パツキンはスターでありんした。

私も初めて見た金髪の女性に大興奮!

おばさんでした。

丁度その日は台風直撃で暴風雨。

雨に滑って転んだパツキンのおばさん、

頭から流血、そばで叫ぶコンパニオンのおねえ

さん「誰かー、だれかー、人呼んでー!」

あの時、パッキンおばさんの流血した頭をしゃが

みこんでじーっとガン見してた子供は私です。

すみませんでしたm(_ _)m。

⑥地下鉄御堂筋線

万博会場へは地下鉄御堂筋線で直通!

今の大阪環状線の万博前、中国道が通ってる場

所に地下鉄御堂筋線万博前駅がありました。

万博終了後、千里中央と万博前駅の間の区間は

もったいなくも撤去されてしまいました。

今頃大阪モノレール作ってもう一度万博記念公

園開通とか、

開通時はニュースで便利になりましたねぇとか。

はぁ!バッカじゃない。

⑦パルナス

当時の関西の子供なら誰でも口ずさめるパルナ

スの歌。探偵ナイトスクープでもありましたが、

元関西の超有名企業です。

日曜朝のアニメ枠のスポンサーとして有名。

坂本九さんが主演声優と主題歌うたった、

カートゥーンの「ドラ猫大将」や初代「ムーミン」

とかいつまでも記憶に残るアニメたちの時間帯。

私の中ではパルナス=子供の味方、

ガメラみたいな存在でありんした。

そんなパルナス様は赤字になってから他人様

に迷惑がかからないよう業績が落ちた時に自

主廃業されたようです(潔い!)。

万博ソ連館の下にそのパルナスレストランがあ

った事を、

あのモスクワの味を人々に広めた事を、

もう忘れてしまった大人も多いのでありましょう。

でも純朴な私の心には栄光のパルナスの名は

永久に刻まれておりますぞ!

永久にであります。。

今聞いても名曲揃い、

さぁみんなで歌いましょうぞ!

結局なんの話か、戯れでありんすよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

座右の銘 腐っても食う

大阪はまさにコンクリートジャングル、

緑無く照り返しの日差しで死にそうなほど暑い、

猛暑のこの頃。

私は缶コーヒー大好き、

車に乗る時はいつもお供に缶コーヒー、

車に乗ったり降りたりの時、

こまめに缶コ買うわけです。

飲みかけで放置、次の缶コを購入、

ドリンクホルダーに飲みかけ缶コが複数、

だからたまに飲まれない缶コが出て腐ります。

最近も1週間近いハードゲーリーであったのは

内緒の方向で(←ぱくり)。

は?ハードゲーリー(HG)って?  

フ・・フォーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔 face

どうもカミさんは私の顔を男前だと本気で思って

るようです(笑)。

いつも娘たちに「どぉ、おとうさん男前やろ」とか、

真顔で言います。

娘達もなぜか肯定する?

でも、鏡に映る自分はどうみても男前ではない、

どこが男前?

ところで母親とは長らく縁切りの状態なんですが、

私の母親は既に他界した祖母と不仲でした。

祖母の薦める縁談相手と見合いし、

東京で結婚。

その相手(私の実父)がひどい男で、

祖母に恨みつらみを言い続け、

で、「私の人生返してくれ」と、

そして私には、

「オマエのクソ親父は絵に描いたような男前や

った。

佐田啓二(中井貴一パパ)のようなエエ男や、

オマエの父方きょうだいは皆美男・美女揃いで

なぁ、

おねえさんなんか山本富士子そっくりや。

なのになんでオマエは私似なんかなぁ(どんより)

かわいそうやなぁ(憐れみしみじみ)。

オマエが産まれてすぐ、

病院にお姑さんやおねえさんが来てな」、

「あなたの顔(ダンプ松本似)もそうですが、

産まれた赤子(私)の顔は、由緒ある我々斎藤

家のものとは思えません。

なぜ我が家系にこんな顔の子が出来たのやら」、

「産まれた子供を跡取りにするのは諦めてちょう

だいね」。

生まれながらに渥美清似の私を見て姑さんはそ

う言ったそうです。

母は私にも恨みを、

「私の離婚の原因はオマエの顔なんやで!」

「オマエの顔が良かったら問題なかったんや」。

うはっ・・・、むちゃくちゃいうなぁ、

ダンプ松本似の母親を不幸にした顔、

ずっと恨まれてきた私の顔、

不幸な呪われた顔の血筋を私の代で絶ちたい、

娘二人の顔はまぁまぁのぼちぼち、

なんか、よござんしたわ。

ツマブキサトシのような顔やったら、

マジで人生変わってたんでしょうなぁ。

由緒正しい家柄継いで資産とかもらえてね。

ちなみに父親とか父方と会った事なし、

会いたいと思った事もないので、

ドラマとか見て感動の再会とかは、

なんか嘘っぽいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

ブログ再開しょっと

久しぶりのログイン画面、1年以上ぶり。

昔は長々だらだらと駄文書いてましたが、

今度ブログ書くときはあまり時間をブログに消費しないよう

短くさらっと、そんな事思ってました。

まずは今日リハビリの短い文章、

書いた事がどんな風に反映されるのか忘れたから。

ココログさん、書いた文章の改行が実に勝手で、

おかしなところで次の行に改行される不思議仕様

だったのを思い出す。

それから一行にあまり文字数が書けない事も、

今見ると改行する方法も変わってるようで、

改行はShift+Enterキー押せや!やと、

うはっ、めんどくさ、

ボチボチ新しい使い方読みながら慣れるかな

では反映させてみますわ、

内容ある内容(←意味不明)は次回からかな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2012年11月 »